松葉の放射能(群馬県)

松葉に含まれる人工放射能(群馬県)の測定結果です。
2011/06/20

群馬県①(邑楽郡)
採取日(2011年4月24日)の放射能
(I -131) 912 Bq/kg・生 ± 0.5 %
(Cs-137) 1,480 Bq/kg・生 ± 0.3 %
(Cs-134) 1,310 Bq/kg・生 ± 0.3 %
推定最大値(2011年3月15日)
福島第一原発事故後(チェルノブイリ原発事故後(25年前)の推定最大値)
(I -131) 109,000 Bq/kg・生( 229 Bq/kg・生)
(Cs-137) 4,320 Bq/kg・生( 28 Bq/kg・生)
(Cs-134) 3,720 Bq/kg・生
放射性セシウム(Cs-137 + Cs-134) 8,040 Bq/kg・生

群馬県②(伊勢崎市)
採取日(2011年5月4日)の放射能/2011年6月9日測定
(I -131) 検出限界以下( 3.4 Bq/kg・生以下)
(Cs-137) 370 Bq/kg・生 ± 1.8 %
(Cs-134) 310 Bq/kg・生 ± 1.8 %
推定最大値(2011年3月15日)
福島第一原発事故後(チェルノブイリ原発事故後(25年前)の推定最大値)
(I -131) 検出限界からは評価できず( 229 Bq/kg・生)
(Cs-137) 1,200 Bq/kg・生( 28 Bq/kg・生)
(Cs-134) 940 Bq/kg・生
放射性セシウム(Cs-137 + Cs-134) 2,140 Bq/kg・生

注)再測定を行った場合、あるいは計算の手違いや記載ミスなどが見つかった場合は、その旨を示したうえで訂正することがあります。

*)I-131は福島原発事故以前には環境に存在していません(核実験直後やチェルノブイリ事故直後には存在していました)。
*)Cs-137は核実験起源のものが環境に存在しますが、福島原発事故以前は、今回の測定(松葉40~100gを1~4日測定)程度では検出することはできません。
*)Cs-134は原発起源の放射性物質ですが、福島原発事故以前には環境に存在していません(チェルノブイリ事故直後には存在していました)。
*)野菜、魚介類の出荷を制限する際の暫定基準は以下の通り。
放射性ヨウ素 (I -131) 2,000 Bq/kg
放射性セシウム(Cs-137 + Cs-134) 500 Bq/kg
*)各国の基準は以下のサイト(一例)を見てください。
http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.html
http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-18.html

松葉の放射能(一般的な事項)については
http://kohno.at.webry.info/201105/article_1.html
見てください。

他県の測定結果は
http://kohno.at.webry.info/201104/article_25.html
から見ることができます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック