kohnoのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 芝浦工大教授(原子核物理学) 水戸巌さん

<<   作成日時 : 2015/07/05 07:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日刊ゲンダイ(1986年12月20日)
あの人は今こうしている
芝浦工大教授(原子核物理学) 水戸巌さん(53歳)

 四月二十六日に発生したソ連のチェルノブイリ原発事故は世界を震撼(しんかん)させた。この十四日、ソ連政府は事故終結宣言をだしたが、世界各地にバラまかれた死の灰は今後数十年以上も地球と人体を汚染し続ける。昭和五十四年にはアメリカのスリーマイル島で炉心溶融寸前の大事故も起きている。果たして日本の原発は安全なのか。芝浦工大の水戸巌教授に聞いてみた。

「日本の原発は安産だ。チェルノブイリのような事故は絶対に起きない」という原発推進派の主張は本当に正しいのだろうか?
まったくいい加減な原子力行政

 「もっとも問題なのは日本の百万キロワットクラスの原発を一年間稼働させた場合、一トン近い死の灰(核分裂の際生じる有害な放射性物質)がたまるという現実です。これは広島の原爆でバラまかれた死の灰の約千倍。おまけにその死の灰の処理については何ら具体的なめどがたっていません」
 芝浦工大の研究室で会った水戸先生、まずはこう警告した。先生の専門は原子核物理学。
 それにしても身の毛がよだつ話だ。広島に落とされた原爆では約十四万人の市民が犠牲になり、今も多くの人が後遺症にあえいでいる。原発一基あたり一年間で死の灰が一トン、】現在日本で三十三基の原発が稼働しているので、世界中の人間を簡単に死に至らしめる量の死に灰が日本に蓄積されているのだ。
 「なのに原発推進派はそうした事実にはほとんど目をつむり、虚偽とまやかしを弄して日本の原発の安全性を強弁しています。例えばチェルノブイリ事故の後、推進派はチェルノブイリ原発には非常用冷却装置や核燃料の格納容器、核暴走が始まるとそれを打ち消す自己制御性などがなかったけど、日本の原発はそれらを備えているから安全だといいました。ところが、実際にはチェルノブイリ原発はこれらをいずれも備えていた。こんないい加減な日本の原子力行政はまるで信用できないし、そもそもソ連と日本の原発のタイプの違いがすなわち日本の原発の安全性を証明することにはなりえない。タイプが違うからこそ危険だという可能性も十分あるんです」
 タイプの違いでいえば、チェルノブイリ原発は黒鉛の中に核燃料のウランが分散しているのに対し、日本の原発は原子炉容器にウランがひと塊になっている。その分、炉心溶融の危険性ははるかに高い。

空恐ろしいことに核暴走≠フ前兆的事故はいくらも起きている

 さて、空恐ろしいことに、水戸先生によれば日本の原発でもチェルノブイリの核暴走の前兆的事故は日常茶飯に起こっているそうだ。
 「どんな原発でも瞬間的に出力が数百倍、数千倍に高まり、核暴走状態になりうる物理学的根拠を持っています。もしそうなったら原発もろとも吹っ飛び、死の灰がバラまかれる。でも、これまでにほんではそこまでいってしまう前に制御棒を突っ込んで暴走を防いでいたんです。だけど、これまで成功してきたから次回もうまくいくという保証はどこにありますか。原発推進派がいう事故を防ぐための最新の操作とか装置はどこまでも工学的工夫。墜落しないように徹底的に研究され、万全の注意を払って操縦している飛行機がそれでも落ちることを考えれば、そんなことは単なる気休めでしかないことがおわかりでしょう」
 この核暴走と並び、事故発生時に作動させても死の灰の発熱が続くことが原発安全上の問題点だと水戸先生は指摘する。
 「その結果、起こるのが炉心溶融。火力発電所に事故が発生しても重油の供給を停止したら事故の拡大は防げます。でも、原発は電源なりを止めても事故は防止できないんです」
 どれほど大きな経済的効果を持つ最新技術でも、それが万一の場合には計り知れないくらい地球上に災害をもたらす技術ならば、安全の上に安全を重ねた措置を講じていなければならない。ところが日本の原発は「絶対に事故は起こらないという猛進とカミカゼ精神によって支えられている。世界各国が原発の操業を停止、あるいは縮小することを決議している今、私たち日本人もハッキリ「原発はいらない」と意思表示をするべきではなかろうか。
画像




【送料無料】 原発は滅びゆく恐竜である 水戸巌著作・講演集 / 水戸巌 【単行本】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル社会・政治フォーマット単行本出版社緑風出版発売日2014年03月ISBN97848

楽天市場 by 【送料無料】 原発は滅びゆく恐竜である 水戸巌著作・講演集 / 水戸巌 【単行本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
芝浦工大教授(原子核物理学) 水戸巌さん kohnoのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる